フェイシャルエステはシンデレラビューティー

TOP > お肌の改善例 > シミ・ソバカスの原因

一般的に皮脂分泌が活発な部位(顔・胸・背中)にできますが、肌質としては脂性の皮膚にできやすいのが特徴です。 皮脂腺から分泌された皮脂は、通常皮膚表面に拡散されますが、皮脂の過剰分泌や毛口周辺が肥厚し、 皮脂の拡散を阻害することなどが原因となり毛包内に溜まり、毛包が拡大し袋状になります。 これがニキビの初期段階です。 また、ホルモンのアンバランス・睡眠不足・偏食などが要因となり皮脂の過剰分泌を促し、 毛包中の細菌(アクネ桿菌・ブドウ球菌)が増殖し、毛包内に溜まった皮脂をアクネ桿菌のリパーゼにより分解され遊離脂肪酸が増え、 毛包を刺激することで炎症ニキビが発症します。

初期では、やや白く見える硬い小丘疹である。
指先で押すと白っぽい粘調性のある内容物が出てくる(大半は貯留された皮脂)。
このような状態で、毛穴が閉じている面皰を閉鎖面皰(白ニキビ)という。

毛包内に貯留している皮脂が毛口を押し広げ毛口が開放されて、 空気中の汚れの付着や皮脂の酸化が見られるようになると、毛口の部分が黒っぽくなる。
これを開放面皰(黒ニキビ)という。

炎症症状を起こすと面皰はやがて紅色丘疹となる。
さわると痛みを感じる、これを炎症(赤ニキビ)という。

丘疹部分が化膿すると膿疱(黄ニキビ)ができる。
これは、炎症ニキビが悪化し、細菌が増殖して膿をもった状態である。
炎症が真皮、皮下組織にまで至ると、皮膚の真皮に広い範囲の壊死が起こってくる。ニキビの重症となったこのような状態を硬結性?瘡という。痛くて痒いという症状をともなうのが普通で、このような状態を放置するとクレーターのような瘢痕を形成することが多い。

ホルモンバランスの崩れ

(卵胞ホルモン、黄体ホルモン、男性ホルモン、副腎皮質刺激ホルモンなどの変調)

ストレス

過度の緊張・疲労・不眠などが続くと自律神経が変調をきたし、 緊張をつかさどる交感神経とリラックス状態をつかさどる副交感神経のバランスが崩 れてしまいます。
その結果、脳下垂体から副腎皮質刺激ホルモンが多量に分泌され、 副腎皮質から男性ホルモン(アンドロゲン)の分泌が高まり、ニキビの発生につながります。

内蔵の悪化

*皮膚組織の栄養補給・新陳代謝に深く関わる

【胃腸障害】

胃腸の働きが悪くなるとまず消化不良をきたし下痢や便秘を招いてしまいます。消化不良を起 こすと摂取した栄養を充分に吸収できずに栄養のバランスが乱れ、中でもビタミンの欠乏はすぐに起こり、にきびの発生や悪化につながります。

紫外線のタイプ 特徴
ビタミンA 皮膚に潤いやハリを与える。不足すると皮膚は乾燥し肌あれなどの原因となる。 中でも角質層が影響を受けやすく毛口角化症となる。
ビタミンB 脂質代謝を活発にし、皮脂の分泌を適正に保つ働き。B2・B6が 不足すると皮膚が脂性となる傾向がある。ニキビの発生のみならず、 症状の悪化にも影響する。
ビタミンC 活性酸素を抑制する抗酸化ビタミン。毛細血管の血行を盛んにし、 皮膚機能を正常に保つのに役立っている。壊されたコラーゲンの修復にも役立つ。
ビタミンE 血行を盛んにし、皮脂の酸化を防ぎ過酸化脂質の生成を防ぐ働き。

【便秘】

腸内に消化された食物が長く滞留することで起こる弊害。
分解物が異常発酵し、有害物質を産生してしまう。便秘により有害物質が排泄されることなく吸収され、 血液を介して末端の皮膚組織まで運搬される。結果としてニキビの増悪が生じる。
*便秘とニキビの関係については、医学会において「結びつける根拠が乏しい」といわれているのも事実である。

【肝臓障害】

働き・・・「栄養分の貯蔵機能」「体内に産生された有害物質を対外へ排出する解毒機能」
貯蔵機能・・・余ったエネルギーが血糖というかたちで存在しているものをグリコーゲンに変えて蓄える。
有害物質の排出機能・・・生命維持活動で生まれた窒素化合物を尿酸や尿素に変える。

【リンパの悪循環】

リンパは病原体の感染を防ぐ役割。血管と同様に全身にくまなく分布しており、皮膚の 細胞間隙、繊維間隙、皮膚の付属器の周囲にまで網羅されています。
血液の中から栄養分を皮膚組織に運び、皮膚組織から老廃物を受け取って血液に送り込む役目。
*運動不足や筋肉量の減少、また、水分不足、肩こりなどはリンパの悪循環を招く。

【不清潔】

さまざまな原因により毛口が詰まり、内部に皮脂が溜まりやすくなり毛穴を塞いでしまう。また、化粧品の酸化や空気中の汚れの付着など。
スキンケアでは、洗顔不足(役割を果たさない洗顔使用)や油づけ(必要以上の油分供給)など。